スポンサード リンク

2月の給与額公開 / 2017

2月のお給料が振り込まれました ありがたや~

手取り額 215,467円

支給額内訳)

基本賃金  257,240円
時間外手当(5H) 10,845円

控除額内訳)

健康保険料    12,768円
介護保険料    2,044円   
厚生年金保険料 25,454円 
雇用保険料    1,072円
所得税       5,680円
市町村民税    5,600円

総支給額    268,085円
控除総額      52,618円
 
差し引き支給額  215,467円
 
 
   今月はたくさん使ってまーす 月末の決算でご報告。。。    
  




こうこく


父が入院した件~家族模様④ いち子の心

父が入院した件~家族模様①

父が入院した件~家族模様②   からの続きです

////////////////

すっかりわるい気をもらって自宅に帰ったいち子



こんな言い方はほんとに
不謹慎だと思うのですが


父の病気・入院というより それにまつわる人の気持ちや変化を知ってしまったことや
物理的に長い 車での移動とか
姉家族との毎回の会食とか(いつも一人なのでね 汗)

本当に疲れてしまいました

塩でも撒いてもらいたい
いや 塩をまぶして余計なものを出して デトックスされたい。。。

だれか浄化してくれ~~ そんな気分でありました

会合に出る気がなくなって急遽欠席したり
届いた荷物を開ける気にならず段ボールごと積み上げていたり
風邪ひいたりして  弱ってたなー

でも今は回復しました

それでこういう文章も客観的に書けるようになりました

父が入院した当初は携帯が鳴るたびにどきっとしてましたが
面会にいって父と対面してからは携帯がなっても
落ち着いてます 

ある程度覚悟ができたというか

ああいう状態ならしかたないかも・・・と思えたからです

面会にいって 自分の目でみてよかったです

職場の上司には父の状態について話していますが
同僚などには話していません

  気を使われたり 根掘り葉掘り聞かれたり
仕事面で配慮?や予定の仕事の変更などがいやだからです

  それでよかったと思ってます

  予期せぬことは誰にでも起こりますしね

  シリーズ 家族模様①-④ これにて一旦終わります

長くなってしまいました

思いのほかたくさんの拍手ありがとうございました (礼)

  拍手コメントなどもありがとうございました

  普段のせつやく記事より拍手が多く

  うれしはずかし!でございます!!(それでいいのかは別として。。。)

  行きの車の中で撮った風景です

DSC05980.jpg

そのときは物悲しかったので
そんな感じが醸し出されてるかもしれません

が  白くてきれいだったので最後に載せておきます

   

 

  


  
こうこく

   

父が入院した件~家族模様③ 

父が入院した件~家族模様①

父が入院した件~家族模様② からの続きです

せつやく話でもなく 暗めの内容です 苦手なかたはスルーで・・・

・・・・・・・・・・・

母がすこし変わってきていました

姉②の次男が6月に結婚式をするのですが
母はそのことを聞いても
「いけるかいけないか・・・」などと言うのです

母にとってはかわいいお孫ちゃん

これまで父の介護をしていた時も花見や温泉など
行きたいところがあると父をショートステイ(2.3日泊まりで見てくれる施設)に預けて
出かけていたのに です

6月というと今の状態から考えて父は
いたとしても入院していると思われるので
母は外出できるはず

姉①夫婦と一緒に車でくれば(いち子住む地方都市で結婚式)
いいだけなのですが

そして これまでも春から秋までは実家(田園地帯)に父と住んでいたのに

「今年はあの家に一人でいるのは 物騒な気もするしねー」
などど言い出す始末

父のお世話を今までしていたことを考えると
 今度からは介護もなくひとりで好きな本読んで
ゆっくりできるでしょーが・・・

母は自立心が高いので
こんな弱気な発言をするとは思いもしませんでした

母も80代前半ではあるのですが。。。

ここにきて 思いのほか弱気になるいち子母 なのでした

 

  


  
こうこく

   

父が入院した件 ~家族模様②

父が入院した件~家族模様①の続きです 
 
薄暗い内容ですのでご了承ください(汗) 
 
父が入院して母は 
父にもしものことがあった場合 
すぐに銀行から父名義の預金をおろせなくなることから(めんどうな手続きが必要になる)
  
今のうちに父の定期預金を解約して 
姉①の預金口座に一時的に入れておきたいと希望しましたが

姉①は断ったようです

姉①は遺産となるお金を姉②といち子をさしおいて 
一時的にでも自分だけの口座にいれることに 
抵抗があるのと

なによりああいう状態になっても 父が退院できることに希望をもっている
(もしものことを考えたくない)

のだと思います

結局 定期を解約して母の口座に移すことにしたようですが
銀行で母が相談したところ 
父本人のサインがないと定期預金は解約できないと
言われたといいます

父は今やサインも出来ないので
いち子的には誰かが代筆して印鑑押せばいいと思いますが

田舎ですし 顔と名前が分かっているので
そういうのだめ?なんでしょうか~できないといわれたとかで まだ完了していません 

とにかく姉①は母と(父とも)冬期間同居していますが
(姉の旦那様もいる)
父が亡くなってもいないうちから あれこれ亡くなること前提で
ことを進めることがいやなようです
  
パートを半日しているだけなので
平日時間もあるし 銀行とかに母と一緒にいって相談したり
事務処理を手伝うことはできるはずなんですが。。。

母は母で少しでも今のうちにできることを片付けていきたい
と考えているようで
ふたりの考えと行動はかみ合いません

またそのうち続く。。。
 



こうこく


父が入院した件 ~家族模様①

以下はいち子家族の病気の話でして
たぶん暗めの記事になっております

苦手な方はスルーでよろしくどうぞ。。。

      ・・・・・・・・

年末に父が入院しました

めったに来ない地元の姉①(=長女)や姪っ子からメールが来て

病院でいつどうなるかわからないので

先生から 延命治療を希望するかしはないか身内で決めてください

と言われた・・・とのこと

姉①には (いち子としては)延命治療を希望しない旨伝えました

年末は母も一緒に病院に泊まってました 治療して完治する病気ではありません

姪っ子からのメールの添付写真の父は
点滴してましたがベッドテーブルには病院食が並んでいて
父も普段と変わらず(認知症 少し入ってます)でしたが・・・

年が明けてから実家に姉②(=次女 いち子の近所に住んでる)と一緒に帰省して
お見舞いにいきました

父は点滴だけして
うとうとして声掛けにうっすら目を開けて答える程度

熱はもう出てないそうです

姉①はこんな点滴だけでなく
もっと栄養のあるものを入れてくれればいいのに

ここじゃなく(← 地元病院) ○○病院(離れた大きめの市)なら
もっと治療してくれるのかな

といいました

(いち子 心の声) いやいや それ延命治療でしょ?

母もいち子と同じ考えで
治る見込みのない人に不必要な処置はいらないと思っています

  いち子父 齢90 

年末の電話以降 キャリーバッグにはいろいろ一式詰めているものです
 
長くなるので今日はこれで  第2弾もいずれ。。。
 



こうこく


プロフィール

chikuzai

Author:chikuzai
Chikuzai蓄財こといち子です。
大昔は散財派でしたが、いまは老後を見据えて少しでも余裕のある生活のために貯めていきたいと。ここにくるまで大きなお買い物1個半と小さな節約をたくさん重ねています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
村民のひとりです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
記事一覧
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
PR
ブログ広告なら
広告
Sponsored Link